家のなかで繰り広げられるさまざまな場面(シーン)のなかで私がもっとも好きなものは、親が子供に絵本を読み聞かせするシーンです。私がいままで読み聞かせをした絵本のなかで、特に印象に残ったものをご紹介していきたいと思います。

おすすめの絵本

かえるのエルタ

子供向け絵本のシリーズ『ぐりとぐら』の中川李枝子・山脇百合子による絵本です。絵は少なめなので、子供が絵がなくても大丈夫なくらいの年齢になってからの本だと思います。

本を読みすすめていくうちに、現実と空想の境目がなくなっていきます。いつの間にか主人公と一緒になって小さな冒険をしている自分に気づくはずです。読み終える頃には充実した読書体験を得ることができるでしょう。