FEE

設計料の目安(新築住宅の場合)

原則として国土交通省の設計報酬基準に基づき算出しますが

設計料と工事監理料と合わせて、建設費の10%または坪あたり6万円

を目安にしています

 

※ 戸建住宅の改修・リフォーム、マンションリフォーム、店舗(新築、内装)、

     医療福祉・診療施設、家具や備品のデザイン、

     その他建築士を必要とする業務については 内容によりますので

     ご予算にも合わせてご相談させていただきます。  

      
  基本計画料     10万円(提案の内容により変わります)
  基本設計料     設計・監理料の15%-基本計画料
  実施設計料     設計・監理料の50%
  工事監理料     設計・監理料の35%
  設計・監理料合計     建設費(税別)の約10% OR  約6万円/建坪
 確認申請業務報酬   10万円
 
※確認申請時、確認検査機関に支払う申請手数料及び中間検査、竣工検査
その他の検査手数料は実費精算とします
(確認検査機関や市町村によって金額は異なりますが
原則として延床面積に応じて決められています)
木造2階建以外の場合、構造設計および構造計算を要します
その際、構造設計料として上記の設計監理料とは別に必要となります
鉄骨3階建の場合 約30万円
木造と鉄筋コンクリート造混構造3階建の場合 約40万円

建築確認申請以外の申請業務について

 

エコポイント対象住宅認定、長期優良住宅認定、住宅性能評価、フラット35適合証明などの任意の申請があります。それらの申請をする場合としない場合とで作業手間が変わるため、申請手数料および業務報酬を別途いただいております

 

「設計」住宅性能評価  

                                                 20万円

「建設」住宅性能評価     20万円
フラット35適合証明    5万円
フラット35S適合証明     10万円
長期優良住宅認定      20万円
エコポイント対象住宅証明    10万円
     

  

news

2017/09/20 worksに“牧場の家” 追加

2017/09/20   イベント情報追加