周山のブログ

憧れの島 竹富 ()
レオナルドはいつも、神の創りたもうものを見る時には、神がどのようにしておつくりになったかを感嘆せずにはいられず、人の造ったものを見る時には、どうしたらもっとよくなるかを考えずにはいられなかった。 出典 ジョコンダ夫人の肖像 E.L.カニグズバーグ作 松...
>> 続きを読む

子ども部屋の完成 ()
子ども部屋はあったのですが、いままでほとんど物置き小屋となっていました。築後11年目、壁を塗装しましたが、これが良い機会となりました。息子も四月から六年生となります。そろそろ精神的な自立を促していかなければならない年頃です。これまで部屋の中にあった物を全...
>> 続きを読む

ドイツ本漆喰でわが家の修繕 ()
先日、わが家の修繕工事を部分的にしました。2007年に竣工して以来、はじめてのコストをかけての修繕です。もともと、わが家の壁はペンキ下地クロスのルナファーザーを張った上にドイツ製の塗料、アウロを塗っていましたが、全部の部屋を塗装したわけではありませんでした...
>> 続きを読む

小学校としてつかわれなくなった校舎のそのあと ()
京都の小学校校舎で現代アートの展覧会があり、見に行ってきました。 アートなどに詳しい知人の誘いです。なんの予備知識もなく行きました。 この日、雨が降っていましたが、この展覧会の雰囲気には大変マッチしていたと思います。 展覧会のタイトルは「見立...
>> 続きを読む

淡路瓦の住宅 ()
「商品のかたちをとった虚無主義によってあらゆるアイデンティティ、あらゆる異論、あらゆる批評的で文化的な要素がなぎ倒され、人間の想像力が完全に植民地化されようとしている。」 カサベラ874号(イタリアの建築雑誌)の掲載文のなかにあった、哲学者の言葉だ。 ...
>> 続きを読む